フリーランス

【フリーランスの確定申告】青色申告をするときの注意点まとめ【令和2年度版】

個人事業主の方は、年に一度の少し憂鬱な確定申告の時期がやってきますね。
令和2年度の申告分から改正があり、少し注意しなければならない点があります。

e-Taxでの申告もしくは電子帳簿保存を行うと控除額が10万円UP!

令和2年度からは改正によって、e-Taxでの申告、または電子帳簿保存を行わないと65万円の控除が受けられなくなりました。
使わなくても基礎控除と合わせて今まで通りの控除を受けられるのですが、せっかくならe-Taxか電子帳簿保存を行った方が控除額が10万円アップする事になるのでお得です。
控除額の改正については下記をご覧ください。
【フリーランスの確定申告】青色申告のメリットは?具体的な節税効果をわかりやすく!

またe-Taxで申告をするときは、自分が使ってるPCが推奨環境にあるか確認しておいた方が良さそう。Macの場合は現状safariしかだめみたいだし。。ブラウザのインストールなんてすぐ終わりますが、念のため。
【確定申告書等作成コーナー】-ご利用ガイド

e-Taxでの申告をするには1〜2ヶ月前にマイナンバーカードを作っておく方が便利!

e-Taxでの確定申告を初めて行おうとしている人は、事前にマイナンバーカードの準備が必要です。マイナンバーカードの取得は税務署での受け取りか郵送で、申請して手元に届くまで1ヶ月程かかるのでご注意ください。

マイナンバーカード以外にもID・パスワード方式で申告書の作成・提出は可能ですが、会計ソフト等で作成したデータを取り込むことはできません。会計ソフトで作ったデータを元に手入力もできるのですが、一時的な措置っぽいので、やはりマイナンバーカードを作っておくことをオススメします。

マイナンバーカード方式
  • 会計ソフトで作成したデータも取り込み、提出ができる。
  • PCから確定申告を行う場合は、マイナンバー読み取りのためのICカードリーダーが必要ですが、マイナポータルでiPhoneやAndroid端末で初期設定だけしてしまえば、後はPCから書類作成可能。
  • 申請してから受け取りまで1ヶ月程要するので事前に準備しておこう!
ID・パスワード方式
  • 事前に税務署に直接行って、本人確認の上ID・パスワード方式の登録手続きをする必要がある。その場で利用者識別番号(ID)とパスワードが発行され、すぐにe-Taxで利用できる。
  • e-Taxの「確定申告書等作成コーナー」のみ利用できる。会計ソフトのデータは取り込めないので、データを見ながら金額の打ち込みが必要なので二度手間。
  • マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な措置なので、マイナンバーカードを取得しておいた方がいい。

控除額10万円分アップのもうひとつの条件、電子帳簿保存とは?

これが結構ややこしいのですが、決められた様々な要件を満たし、電子データで帳簿を保存する制度を電子帳簿保存といいます。
仕訳帳や総勘定元帳などをコンピュータを使って作成すると電子帳簿保存制度の対象となります。
また原則として、電磁的記録による保存を始める日の3ヶ月前までに事前申請を行う必要があります。
電子帳簿保存法の概要|国税庁

すでに難しいですよね。。
会計ソフトなら、「日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)」が承認したものを基準に選ぶと良いようです。

フリーランスでこれを選択するメリットはあまりないのかなって思います。
詳しく知りたい方は、下記がわかりやすいと思います。
電子帳簿保存がまだまだ個人事業主におすすめできない理由 | 自営百科

まとめ

  • 令和2年度分から控除額を例年より10万円分増やす事が可能になった。
  • 電子帳簿保存はフリーランスには需要が少ない。e-Taxで電子申告すればOK。
  • 電子申告する場合は、期日の1〜2ヶ月前までにはマイナンバーカードを準備しておく。
  • 手持ちのPCやスマホでマイナンバーカードの読み取りが可能か事前に確認しておく。

いかがでしたか?ここまで準備しておけば、初めてのe-Taxも怖くないですね。
自宅で24時間いつでも電子申告ができると、税務署に足を運ぶ手間も省けて良いですね!
また電子納税もできるようになり、結構楽になります。この機会に是非利用しましょう。

ページトップへ