Wordpress

カスタムフィールドでクライアントが更新できるスライダーを作成する【SCF】

やりたい事

今回作りたいスライダーの条件はこちらです。

  • クライアント自身で簡単に画像を更新できるのが大前提。
  • スライダーの設置場所はサイトのトップページ。
  • ナビゲーションの●も画像の有無によって自動で増える。

工程は以下になります。

プラグインとか使わず自力で調べながらやってみよう!と思っていじってみたところ難しすぎて断念しました🥺特に画像をデータベースに保存する処理とか全然うまく動かなかった。勉強します・・・。

WordPressのプラグイン、Smart Custom Fieldsを使用すると、functions.phpに自分で膨大な処理を書く事なく、簡単にカスタムフィールドの管理ができます。

まずは下準備としてSmart Custom Fieldsをインストールしておきます。
こちらからプラグインをダウンロードして、/wp-content/pluginsの中に格納し有効化しておきます。するとこのようにメニューが追加されます。

使用したスライダー

今回は特にプラグインとかは使ってませんが、出力方法を合わせればslick.jsなど他のスライダーでも実現できるようです。

htmlは後程phpで出力させるので、jsとcssは以下を書いておきます。

js

$(".slider .item:first-child, .slider .dots .dot:first-child").addClass('current');
function slider(condition) {
	var current = $(".item.current"),
		next,
		index;
	if (condition >= 0) {
		next = $(".item").eq(condition);
		index = condition;
	} else if (condition == 'prev') {
		next = current.is(":first-child") ? $(".item").last() : current.prev();
		index = next.index();
	}else {
		next = current.is(":last-child") ? $(".item").first() : current.next();
		index = next.index();
	}
	next.addClass("current");
	current.removeClass("current");
	$(".dot").eq(index).addClass("current").siblings().removeClass("current");
}
var setSlider = setInterval(slider, 5000);

$(".dot").on("click", function() {
	if ($(this).is(".current")) return;
	clearInterval(setSlider);
	var index = $(this).index();
	slider(index);
	setSlider = setInterval(slider, 5000);
});

css

.slider{
	position:relative;
	width: 100%;
	margin: 0 auto 3em;
}
.list{
	position: relative;
	overflow: hidden;
	width: 100%;
	padding-bottom: 66.7%;
	margin:	 auto;
}
.item{
	position: absolute;
	top: 0;
	left: 0;
	width: 100%;
	height: 100%;
	opacity: 0;
	transition: opacity .6s ease-in-out;
}

.item.current{ opacity: 1;}
.item img{
		width: 100%;
		height: 100%;
		object-fit: cover;
		border-radius: 20px;
	}

.dots{
	display:flex;
	justify-content: end;
	margin-top:10px;
	width: 95%;
}
.dot{
	display:block;
	width:13px;
	height:13px;
	border-radius:50%;
	border: 1px solid #1c4ab7;
	outline:none;
	padding:0;
	background: #fffbf6;
	cursor:pointer;
	transition: opacity .4s ease-in-out;
}
.dot:nth-child(n+2){
	margin-left:9px;
}
.dot.current{
	opacity:1;
	background: #1c4ab7;
}

Smart Custom Fieldsでスライダー専用の管理ページを作成する

スライダー専用の管理画面を「オプションページ」として作成する事で、クライアントも管理しやすくなります。

オプションページを作成機能を追加する。

functions.phpへ以下を追記します。

SCF::add_options_page( 'トップスライダー', 'トップスライダー', 'manage_options', 'top-slider-options', '', '2' );

()の引数は順番に、

  1. ページのtitle属性値
  2. 管理画面のメニューに表示するタイトル
  3. メニューを操作できる権限
  4. オプションページのスラッグ(ユニークにする)
  5. メニューに表示するアイコンのURL
  6. メニューの位置

となります。今回は5は省略。
メニューの位置を2と入れると、ダッシュボードの下にトップスライダーが追加されているはずです。

出典:オプションページの作成機能等を追加した Smart Custom Fields 2.1.0 を公開しました。 – モンキーレンチ

追加したオプションページの入力項目を設定する

先ほどインストールしたSmart Custom Fieldsメニューをクリックし、新規追加していきます。

タイトルはわかりやすいもので。
表示条件(オプションページ)に先ほど追加した「トップスライダー」が表示されているはずなので選択します。
スライダー画像は複数なので「繰り返し」はON。タイプは画像を選択します。
グループ名は「top_slider_grp」、名前は「top_slider_img」とします。

ラベル、手順、メモ、プレビューサイズは更新者への説明になるので必要であれば入力。
更新ボタンを押して完了!
メニューのトップスライダーを押すと画像の入力項目が表示されているはずです。

スライダー画像の出力処理を書く

functions.phpに以下を追記します。

function add_main_slide() {
	/* スライダーに使うスマートカスタムフィールドの値を取得 */
	$top_slider_grp = SCF::get_option_meta( 'top-slider-options', 'top_slider_grp' );
	/* カスタムフィールドに値があるかチェック(一番目を抽出) */
	$top_slider_flg = $top_slider_grp[0]['top_slider_img'];
	/* カスタムフィールドに値がある場合にスライダーの処理を行う */
	if($top_slider_flg) {
		/* スライダーのラッパーと画像リストを生成 */
		$output_top_slider = '<div class="slider"><ul class=list>';
		/* 画像リストをループ */
		foreach($top_slider_grp as $top_slider_img) {
			/* スマートカスタムフィールドの画像タイプはアタッチメントIDが入っています。 */
			$top_slider_img_id = $top_slider_img['top_slider_img'];
			/* アタッチメントIDから画像のURLを取得 */
			$top_slider_img_url = wp_get_attachment_url( $top_slider_img_id );
			/* 同じくアタッチメントIDから代替テキストを取得 */
			$top_slider_img_alt = get_post_meta( $top_slider_img_id, '_wp_attachment_image_alt', true );
			/* URLと代替テキストを出力用の変数へ代入 */
			$output_top_slider .= '<li class="item"><img src="'.$top_slider_img_url.'" alt="'.$top_slider_img_alt.'"></li>';
		}
		/* 画像リストを閉じてナビゲーションのラッパーを生成 */
		$output_top_slider .= '</ul><div class=dots>';
		/* 画像の分だけドットをループ */
		foreach($top_slider_grp as $top_slider_img) {
			$output_top_slider .= '<button type=button class=dot></button>';
		}
		/* ナビゲーションとスライダーのラッパーを閉じる */
		$output_top_slider .= '</div></div>';
		/* 作成したスライダーを出力 */
		echo $output_top_slider;
	}
}

このコードは以下のページを参考に、ナビゲーションだけ付け足してます。

【WordPress】【jQuery】レスポンシブ対応のスライダー・slickをホームやフロントページなどでも使いたい – expexp.jp

最後にこれを出力したいindex.phpなどに書いたら完了です!お疲れ様でした〜〜!!

<?php add_top_slider();?>

ページトップへ